©2018 by RAY. Proudly created with Wix.com

RAYの世界

広汎性発達障がいの僕の内面

 

GALLERY

ごあいさつ

RAYのHPにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

RAYは、2000年8月に、真夏の助産院で、無事生まれました。生後半年で、先天性胆道拡張症という病気が判明し、手術により一命をとりとめました。さらに、呼んでも振り向かない、言葉が遅い、目を合わせないということから診察をすすめられて、3歳で、広汎性発達障がい(PDD)という診断を受けました。知的な障がいあり、こだわりは数えればきりがないくらい沢山あります。

RAYは、3歳から絵を描きはじめました。集中して沢山の絵を描けるときもあれば、学校の行事などのイベントによるストレスで、何年も全く描けないときもあります。

RAYが、18歳となり、来年から社会人となるのをきっかけに、これまで、RAYが描きためた絵を、皆さまに、楽しんで頂ければという思いで、HPを作成いたしました。

 
色鉛筆1_edited_edited.jpg